Home > お知らせ > 会員からのお知らせ > 第26回日本体育・スポーツ政策学会大会(12/4)のご案内

第26回日本体育・スポーツ政策学会大会(12/4)のご案内

 スポーツ基本法制定、スポーツ基本計画策定、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催決定、そしてスポーツ庁設置と、この数年間で日本のスポーツ政策に関わる状況が大きく動いた。そのような中、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催の意義を、開催後の「遺産(レガシー)」から検討する議論が高まりつつある。東京2020大会開催を単なる打ち上げ花火に終わらせないために注視すべきは、スポーツの文化的な広がりとして大会後の地域スポーツ事情や国民のスポーツに関する行動もしくは価値観がいかにより良く変容していくかではないだろうか。
 そのような視点からスポーツの文化的な価値・意義を改めて見直すとともに、地域スポーツの現状、さらにスポーツのビックイベントが契機となって国民がスポーツを文化として受容していくための政策的課題を掘り下げて議論していきたい。

日時
平成28年12月4日(日)
会場
神戸親和女子大学 鈴蘭台キャンパス
 (住所)〒651-1111 兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町7-13-1
 神戸電鉄「鈴蘭台」下車。東出口より徒歩約10分またはタクシー(バス)約3分
主催
日本体育・スポーツ政策学会
共催
神戸親和女子大学(申請中)
主管
第26回日本体育・スポーツ政策学会実行委員会
後援
スポーツ庁(申請中)
協賛
日本スポーツ体育健康科学学術連合
(本大会は日本体育スポーツ健康科学学術連合の補助を受けて開催されます)
日程
9:00- 受付
9:30- 一般研究発表
13:00-14:00 昼食(13:00-14:00 理事会)
14:00-14:30 総会
14:50-16:50 基調講演
「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を考える −東京から地域連携へ−」
 布村幸彦(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長)
 嘉田由紀子(びわこ成蹊スポーツ大学 学長)
16:50-17:35 シンポジウム
●司会
 齋藤健司(筑波大学 教授)
●シンポジスト
 真山達志(同志社大学政策学部 教授)
 間野義之(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)
 長ケ原誠(神戸大学 教授)
17:35-18:15 クロストーク
18:15-18:20 閉会
18:30-20:00 情報交換会
※情報交換会後、大学〜三宮までの無料送迎バスを出します。
参加費
参加費:一般会員3000円、学生会員2000円、会員外4000円
(ただし基調講演・シンポジウムは参加費無料)
情報交換会 一般5000円、学生2500円
定員
250名
参加申込
(1) 締切期日  平成28年11月8日(火)
(2) 申込書  所定の申込書(添付のものにご記入下さい)
(3) 申込方法  申込書に必要事項を記入のうえ、上記期限までに大会実行委 員会にEMAILもしくはFAXでご送付下さい。受付の合理化のため、できるだけメールでお願いします。
こちら(http://www.geocities.jp/spopolicy/ 外部サイト )のホームページアドレスから大会参加申込書のダウンロードが可能です。
一般研究発表申込
(1)研究発表申込:平成28年10月25日(火)
(2) 大会号原稿:平成28年11月20日(日)(必着・厳守)
お問い合わせ
大会実行委員会
〒651-1111 兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町7−13−1 神戸親和女子大学
第26回 日本体育・スポーツ政策学会大会実行委員会 田中 聡
E-mail:Eメールアドレス  TEL&FAX:078-591-1598