Home > セミナー > 過去のセミナー > 第6回セミナー

日本スポーツマネジメント学会第6回セミナー

世界同時不況の影響を受け、日本の経済情勢は暗転しました。内閣府によれば、2008年第4四半期の実質GDP成長率は年率換算12.1%減であり、1974年のオイルショック(13.1%)以来の落ち込みとなりました。スポーツと良好な関係を保っていた企業もスポンサーシップから手を引き、同時に日本のトップスポーツを支える企業スポーツにも悪影響が出始めました。今後、日本のスポーツ界にとっての有効な処方箋はあるのでしょうか? 第6回セミナーでは、日本のトップスポーツ界に関係の深い専門家を招き、低迷する経済状況下における、日本スポーツ界の未来予想図について考える機会を設けました。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

テーマ
日本のスポーツは世界同時不況をどう乗り越えるのか?
日時
2009年4月25日(土)13時〜(12時受付開始)
場所
早稲田大学早稲田キャンパス 7号館319号室
 東京都新宿区西早稲田1-6-1
プログラム
13:00〜13:10 開会の挨拶
原田 宗彦 氏
(早稲田大学教授・JASM会長)
13:10〜13:40 基調講演「世界同時不況と日本のトップスポーツ」 (PDF形式:214KB) 会員のみアクセス可
市原 則之 氏
(財団法人日本ハンドボール協会副会長・財団法人日本オリンピック委員会専務理事)
13:40〜14:30 特別講演 I 「企業スポーツの撤退状況と今後の課題」 (PDF形式:319KB) 会員のみアクセス可
三崎 冨査雄 氏
(株式会社野村総合研究所上級コンサルタント)
14:30〜14:50 休憩
14:50〜15:30 特別講演 II 「世界同時不況時における企業とスポーツの課題」 (PDF形式:327KB) 会員のみアクセス可
武藤 泰明 氏
(早稲田大学教授・JASM理事)
15:30〜16:30 討論「日本のトップスポーツのこれから」 (PDF形式:321KB) 会員のみアクセス可
コーディネーター:
 澤井 和彦 氏
 (江戸川大学准教授)
パネリスト:
 平野 祐司 氏
 (日本トップリーグ連携機構事務局長)
 荒木 重雄 氏
 (パシフィックリーグマーケティング株式会社取締役)
16:30〜16:40 閉会の挨拶「まとめに代えて」
仲澤 眞 氏
(筑波大学准教授・JASM理事)
参加費
法人会員 5名様まで無料(ご担当者様が取りまとめてお申し込み下さい)
一般会員 3,000円
学生会員 2,000円
一  般 5,000円
学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)
※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい
会場のご案内


●JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅より徒歩20分
●地下鉄東西線 早稲田駅より徒歩5分
●スクールバス 高田馬場駅−早大正門
●バス 新宿駅西口−早稲田、渋谷駅−早大正門、上野広小路−早稲田
●都電荒川線 早稲田駅より徒歩5分

※その他お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします