Home > セミナー > 過去のセミナー > 第7回セミナー

日本スポーツマネジメント学会第7回セミナー

「商い文化」「食文化」「お笑い文化」など、多くの文化を生み出し、発信してきた関西圏。「スポーツ文化」もそのひとつです。スポーツ用品産業やプロスポーツ、大学スポーツの歴史も古く、多くの優秀な人材を輩出してきました。今後、関西ならではのスポーツ文化をどのように創造・発展させていくべきでしょうか。
関西圏には、スポーツ文化創造機能としてのスポーツ資産が数多くあります。例えば、プロスポーツです。プロ野球、Jリーグ、bjリーグ、Fリーグの各クラブは、興行ビジネスとして都市集客機能を担っているだけではなく、さまざまな地域貢献活動を通して都市スポーツ文化の振興に貢献しています。
本セミナーでは、関西ならではのスポーツ資産を活かした都市マーケティングについて考え、スポーツ振興の大きな担い手であるプロスポーツクラブの地域貢献活動の現状と課題についてディスカッションします。

テーマ
関西のスポーツ資産マネジメントを考える
日時
2009年7月18日(土) 13時10分〜(12時40分受付開始)
場所
大阪市中央体育館 大会議室
 大阪府大阪市港区田中3-1-40
プログラム
13:10〜13:15 あいさつ
13:15〜14:15 基調講演「関西のスポーツ資産とスポーツ振興:産・官・学のさらなる連携をめざして」 (PDF形式:377KB) 会員のみアクセス可
本間 政雄 氏
(立命館副総長・文化庁参与)
14:15〜14:45 特別講演「スポーツによる都市マーケティング:スポーツコミッションの役割と可能性」
原田 宗彦 氏
(早稲田大学教授・JASM会長)
14:45〜15:00 休憩
15:00〜16:50 パネルディスカッション「ファンづくりとスポーツ資産づくり:プロスポーツクラブの地域貢献活動」 (PDF形式:439KB) 会員のみアクセス可
コーディネーター:
 鈴木 康藏 氏
 (株式会社エスイーエス 代表取締役)
 藤本 淳也 氏
 (大阪体育大学教授)
パネリスト(五十音順):
 伊藤 慎次 氏
 (株式会社ガンバ大阪事業本部グループマーネジャー)
 岡村 義和 氏
 (オリックス野球クラブ株式会社管理本部運営部コミュニティグループ課長)
 加藤 秀尚 氏
 (ヒューマンスポーツエンタテインメント株式会社アシスタント・ゼネラルマネジャー)
 宮本 功 氏
 (大阪サッカークラブ株式会社事業部長兼ホームタウン推進部長)
16:50〜17:00 まとめ
17:15〜18:15 名刺交換会およびスポーツ関連企業・団体の展示
参加費
法人会員 5名様まで無料(ご担当者様が取りまとめてお申し込み下さい)
一般会員 3,000円
学生会員 2,000円
一  般 5,000円
学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)
※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい
会場のご案内

●大阪市営地下鉄中央線「朝潮橋」駅より徒歩1分

※その他お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします