Home > セミナー > 過去のセミナー > 第19回セミナー

日本スポーツマネジメント学会第19回セミナー

 日本のプロスポーツは転換期を迎えている。米国ではNFLが1兆1490億円、MLBが8518億円、NBAが5746億円、そして英国プレミアリーグが3830億円という巨額の収入を得ているのに比べ、日本のプロ野球は1400億円、Jリーグが554億円という額に留まっている。その原因のひとつが、クラブやチームの財政規模の伸び悩みであり、世界的に著名なクラブやチームの出現が待たれている。
 そこで本セミナーでは、イギリスのシティ・フットボール・グループ(CFG)が設立した日本法人である「シティ・フットボール・ジャパン」(CFJ)に、株式を譲渡して新たな経営資源を獲得した横浜マリノス株式会社の嘉悦朗代表取締役社長と、全国の学生を対象とした「大学生のベースボールビジネスアワード」で最多受賞歴を誇る新潟経営大学の福田拓哉准教授をお招きし、今後のプロスポーツのクラブやチーム経営の在り方を探ることを目的とした。
※お申し込みいただいた方には、同時開催中SPORTEC2015招待券を差し上げます。

テーマ
日本のプロスポーツに求められるクラブ・チームの戦略的経営
日時
2015年7月28日(火) 13時00分~15時00分(12時30分受付開始)
場所
東京ビッグサイト SPORTEC会場
共催
SPORTEC事務局、日本スポーツツーリズム推進機構
プログラム
13:00~13:40 講演1「横浜F・マリノスの経営戦略」
嘉悦 朗 氏
(横浜マリノス株式会社代表取締役社長)
13:40~14:20 講演2「クラブ・チームの集客戦略:大学生のベースボールビジネスアワード最多受賞の経験を踏まえて」
福田 拓哉 氏
(新潟経営大学准教授)
14:20~15:00 シンポジウム
シンポジスト:
 嘉悦 朗 氏
 (横浜マリノス株式会社代表取締役社長)
 福田 拓哉 氏
 (新潟経営大学准教授)
司会:
 原田 宗彦 氏
 (早稲田大学教授、JASM会長)
15:00~ 閉会挨拶
総合司会: 原田 尚幸 氏
(和光大学教授、JASM理事)
参加費
法人会員 5名様まで無料(ご担当者様がお取りまとめの上、お申し込み下さい)
一般会員 3,000円
学生会員 2,000円
一  般 5,000円
学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)

※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい。

参加申込
定員に達したため参加申込は締め切りました
会場のご案内

●りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩5分
●ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車すぐ
●水上バス「有明客船ターミナル」下車すぐ
●都バス・空港バスなどでのお越しも可能です

※その他お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします