Home > セミナー > 過去のセミナー > 第20回セミナー

日本スポーツマネジメント学会第20回セミナー

 高度経済成長期にあるアジア(特に東南アジア)諸国では、スポーツビジネスの分野でも急速な発展を遂げている。その動向は、アジア諸国内のみならず、欧米のスポーツビジネス界にも影響を及ぼしている。本セミナーでは、このようなアジアにおけるスポーツビジネスの動向や今後の可能性について理解を深めることを目的として、アジア全域での国際競技運営に携わる五香純典氏(アジアサッカー連盟)に「アジアにおけるサッカービジネスの動向」、アジア諸国のサッカー連盟や各国サッカー協会・リーグとのビジネスをはじめ、多様な種目を担当し、累計1600人を集めた「アジアサッカーマネジメントセミナー」をコーディネートしている大井義洋氏(株式会社電通スポーツ局サッカー事業室アジア部長)に「アジアにおけるスポーツビジネスの動向」について、そして長谷川雅治氏(アジアサッカー研究所プロジェクトディレクター)にアジアのサッカークラブにおける実践体験プログラムを題材に、シンポジウムを開催することになりました。熱狂するアジアのスポーツビジネスについて理解を深めたい方は、ぜひご参加下さい。

テーマ
アジアにおけるスポーツビジネスの新潮流
日時
2016年2月12日(金) 18時00分~20時30分(17時30分受付開始)
場所
ビジョンセンター東京 会議室601
東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル6階
http://www.visioncenter.jp/tokyo/access/index.php 外部サイト ※部屋が変更となりましたのでご注意ください
プログラム
18:00~18:10 開会の挨拶
小笠原 悦子 氏
(順天堂大学教授、JASM理事、AASM副会長)
18:15~20:25 シンポジウム「アジアにおけるスポーツビジネスの新潮流」
シンポジスト:
 五香 純典 氏
 (アジアサッカー連盟)
 大井 義洋 氏
 (株式会社電通スポーツ局サッカー事業室アジア部長)
 長谷川 雅治 氏
 (アジアサッカー研究所プロジェクトディレクター)
モデレーター:
 松岡 宏高 氏
 (早稲田大学教授)
20:25~20:30 閉会の挨拶
総合司会: 押見 大地 氏
(早稲田大学助教)
登壇者紹介

○五香 純典 氏
 2002FIFAワールドカップ日本組織委員会にて勤務後、2002年財団法人日本サッカー協会(JFA)入局。FIFAクラブワールドカップや日本代表戦等の競技運営や、FIFAワールドカップ招致活動といった国際イベント業務を担当。2013年よりアジアサッカー連盟(AFC)へ出向。アジアカップやFIFAワールドカップ予選等、アジア全域での国際競技運営を担当し、現在に至る。

○大井 義洋 氏
 1993年株式会社電通入社。2000年よりサッカー事業局に異動。FIFAコンフェデレーションズカップ2001、2002FIFAワールドカップを経験後、アジアサッカー連盟(AFC)、東アジアサッカー連盟(EAFF)、東南アジアサッカー連盟(AFF)、南アジアサッカー連盟(SAFF)、中近東サッカー、中国、韓国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、モルジブ、ブータン、グアム等の各国サッカー協会・リーグなどアジアサッカー全般を担当。現在はサッカーのみならず、アジアのゴルフ、マラソン、バトミントン、バレー、モーターレースなど様々なスポーツも担当。

○長谷川 雅治 氏
 2002年JOC公式フォトエージェンシー、2004年スポーツマーケティング専門プロダクションにて勤務。大手広告代理店とともに、モータースポーツとサッカーを中心とした様々なスポーツの課題解決に取り組んだ。2007年から5年間は、Fリーグ(日本フットサルリーグ)の立上げに広報として参画。広報戦略の立案・実施ほかプロモーショナルな視点から競技、クラブマネジメントの向上に従事。2014年から現職。日本サッカー協会スポーツマネージャーライセンス保有。

参加費
法人会員 5名様まで無料(ご担当者様がお取りまとめの上、お申し込み下さい)
一般会員 3,000円
学生会員 2,000円
一  般 5,000円
学  生 3,000円(学生証の提示が必要となります)

※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい。

定員
120名(先着順)
参加申込
参加申込は締め切りました ※当日お申込みいただけます
取材申込
事前取材申込を締め切りました ※当日お申し込みいただけます

※その他お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします